いちごのおいしい季節が続いています。

いちごと言えば、ここ数年で特に有名になった”あまおう”を筆頭に、とちおとめ、やよいひめがメジャーどころと思いますが、実はそれ以外にも魅力的ないちごがあるって皆様ご存じでしょうか?

そして実はこの時期は、多種多様な人気のいちごがちょうどこの時期同じタイミングで市場に出回ります!

いちご好きの方は想像してみてください。

多種多様な人気のいちごを、同時に食べ比べすることができたなら、、、、、

そう、そんないちご大好きの方にお応えする企画商品です。

果実園が厳選して、今がベストと思われるこの時期流通する7種類のいちごの中から、6種類を厳選して選ばせていただき、お客様の元にお送りさせていただきます。

6種類のいちごは以下の7種類の中から、時期や商品の出来を見て選ばせていただきます。

,△泙う

福岡が生んだ最高の苺と言えば、そう「あまおう」ですよね!

あまおう(品種名「福岡S6号」)は昔から日本各地で親しまれてきた「とよのか」以上の日本一の苺を目指してつくられた品種で、福岡県農業総合試験場園芸研究所において久留米53号(とよのか×てるのか)に92-46(久留米49号(女峰×とよのか)×さちのか)を交配して育成されました。

品種登録年が2005年ということで比較的新しい品種で、ここ数年の間に、知らない間に一気にイチゴ界のトップランクに躍り出たイメージがありますが、あまおうは苺の中で、サイズが大きいのが特長で、20gを越える大粒のものもよく見られます。またビジュアルも一般的な苺に比べ少し丸みがあり可愛らしい感じがします。果肉はしっかりしており、果汁が多くて、酸味と甘みが絶妙なコンビネーションなので、あっという間にトップランクに躍り出るのも当然な気がします!

ちなみに「あまおう」の名前の由来をご存知ですか?
あまおうの名前の由来は、

あ・・・・・赤い
ま・・・・・丸い
お・・・・・大きい
う・・・・・美味い(うまい)

そうです、特長のそれぞれの頭文字なんですね!
まさに、あかい、まるい、おおきい、うまい、それが「あまおう」なんですね!

カットしてそのまま食べるのももちろん美味しいですが、フレッシュジュースにしていただくというのも果実園ではオススメします(^^)b

あまおう【いちごの王様!】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

△箸舛とめ

栃木のいちごと言えば、そう”とちおとめ”です。
実に栃木県で作られているいちごの約8〜9割がとちおとめと言われています。
とちおとめは粒が大きめで形が良く、鮮やかな赤色をしているのが特徴です。
糖度が高く、適度な酸味を持っており、果汁も豊富でジューシーな味わいです。
そもそも果肉が詰まっているので、歯ごたえがしっかりしており、また日持ちが他のいちごに比べて比較的長く持ちます。

とちおとめを選ぶ時は、なにより色づきをチェックしましょう。熟したとちおとめは艶々とした鮮明な赤色となっています。表面がしんなりした物や、色が薄手のもの、へた周りに白さが目を引く物等は控えましょう。
原則として果実が大き目でふっくらとした円錐形の物が良品です。但し、ご自宅用という事なら見た目に囚われる必要はございません。小粒だとしても甘くて美味しい物も存在します。へたがきれいな緑色でピンと張った物がオススメです。

とちおとめは甘酸適和で香りが良いので、手を入れずに生食で堪能しましょう。練乳をつけなくても充分甘さを感じられます。勿論、好みに合わせ練乳や溶かしたチョコレートつけたり、イチゴミルクとしてもいいでしょう。
勿論ケーキやパフェ、いちごジャムやソースなどに関しても持って来いです。果肉が淡い赤色ですから、断面を見せるようにして飾っても綺麗です。

とちおとめ【赤の色が濃いです!】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

やよいひめ

「やよいひめ」は2005年(平成17年)に品種登録されている群馬県生まれのイチゴです。「とねほっぺ」に「とちおとめ」を交配した物を育成し、そしてなおかつ「とねほっぺ」を掛け合わせて誕生したのです。

サイズが大きめで、果皮の色はほんのりとオレンジがかった明るい感じの赤色。美しい円錐形をしていて、果肉は硬く輸送性と日持ち性に優れます。又、甘みが強くマイルドな酸味を伴い、風味が良いイチゴなのです。

一般的には3月を過ぎてゆき外気温が上昇すると、イチゴの品質が下降しやすくなるはずですが、やよいひめは名称に「弥生(3月)」とある様に3月だと言うのに高い品質を持続できるのが優位性。この点が名前の由来でもなっているのです。

尚、親であるとねほっぺは、1999年(平成11年)に登録された品種で、米国から取り入れた品種を選抜した物に「女峰」を掛け合わせた品。美しい円錐形でボリュームが相当あって、一度に大量の果実を収穫可能です。

やよいひめは果皮が明るい赤色のいちごで、熟してもそれほどまでに濃紅色にはならないとのことです。色が濃く無くても全体がいい感じに着色できていれば素晴らしい甘さがあります。へた付近まで赤く染まっていて、へたが青々になっている物を選ぶと良いと思います。

やよいひめの食べ方は食味が良いので、そのままご賞味してイチゴの甘味を楽しんでください。当然、ケーキやパフェ、スムージー等に使用してもおいしいでしょう。
ジャムにするケースでは、酸味がそれほどまでに強く無いので、レモン汁を多目に足すと良いかも知れません。

やよいひめ【とてもみずみずしいです!】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

す箸曚辰

紅ほっぺとは静岡県農業試験場(現農林技術研究所)が「章姫(「久能早生」×「女峰」)」に「さちのか(「とよのか」×「アイベリー」)」を交配し選り分け育成した、輸送性に優れ果肉が赤く食味もコクが存在しておいしいイチゴです。

呼称の「紅 ほっぺ」は、『果皮色が鮮紅色で美しいことはもちろん、果心部まで赤いことと、ほっぺ が落ちるほどのコクのある食味であることを表しており、親しみを持たれることを願って命名された。』と記載されていてます。

「紅ほっぺ」は心持ち縦長の円錐形で果皮色は「さちのか」にそっくりの艶のある鮮赤色です。果肉は少々硬めで「女峰」と同様のとなっていて、中も鮮紅色で果心まで淡赤色を帯びるのが持ち味だと言えます。

食味は「さちのか」よりも甘く「章姫」よりも酸味が存在してコクが備わっている味覚になっており、香りも「アイベリー」の特性を継承した「さちのか」由来と言われているきらびやかな香りをもってるのです。

紅ほっぺを試食してみると強い甘味と共に程よく酸味もあり、イチゴらしい風味が強く感じることのできる美味しい味でありました。試みとして糖度を計ってみましたら13度前後確認できました。果肉は章姫と比べて心持ち固くきっちりした食感が存在します。甘みはもとより酸味と比べてのバランスも良く深い味わいを持っていてとてもおいしいイチゴなのです。

紅ほっぺ【パッケージの文字もかわいいです!】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

イらぴ香

『きらぴ香』の特徴は、大きく、心持ち長めの円錐形で、果皮は濃い赤色、果肉・果心は淡い赤色になります。甘くフルーティーな香しさで、優しい酸味と力のある甘さの上品な風味。ツヤツヤとつやがある果皮はたっぷり、果肉も硬めですから、輸送性と日持ち性においても優秀です。

『きらぴ香』とは、静岡県生まれの苺になります。
育成場所とされているのは、静岡県農林技術研究所で、1996年から育成がスタートして、2017年に品種登録されております。
交配組み合わせを繰り返し、28万株からの選抜により、17年の歳月を費やして誕生。

同じ静岡県生まれの「紅ほっぺ」や「章姫」のタイプを継承し、弱点を克服、更に味・香り・果皮の強さ・栽培容易さを突き詰めて完成した静岡県の最強イチゴです。

きらぴ香という名称の発祥は、「きらきらとした宝石のような輝きで、甘くフルーティな品のよい甘味と香りを持つ」と言うことからです。

『きらぴ香』のオススメの食し方は、甘くてフレッシュなので、フルーティな香りとともに、手を入れずに生食がベスト。
光沢もあり、大き目で美しい縦長の円錐形なので、パフェやケーキのトッピングとしても見た目がよくピッタリです。

きらぴ香【静岡最強イチゴの風格!】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

Ρ杆緝

越後姫は、1996年に生まれた新潟ブランドいちごです。
雌株は「ベルルージュ」×「女峰」のえり抜き「5/6-996」で、雄株は「とよのか」になります。
「可憐でみずみずしい新潟のお姫様のようだ」そんな意味から「越後姫」と命名されました。
香しさが強く、果汁がたっぷりなのがセールスポイントで、糖度は多めでソフトな酸味を有します。実は円錐型をしており、果皮は艶があるあざやかな紅色。果肉は淡い橙赤〜淡赤色に染まるのです。実は若干固めですが、完全に熟した実はやわらかくジューシーなんです。

新潟県の冬季は低温で日照が多くないこともあって、特に1月〜6月に亘って獲れる「越後姫」は花が咲いてから獲る迄の期間が長くなってます。
これに伴い、酸味を抑えた、独特な甘い果実となっています。栽培面においては寒冷地に最適ないちごと言えると思います。

見分け方のポイントは越後姫は円錐型で果皮があざやかな紅色となるのが特徴ですから、出来る範囲全面に色艶がまわっていて、形の良い物を選んでください。へたが緑色でビビッとなっているか、粒それぞれがひしめき合って果皮が傷ついているのかも要チェックです。
更には香りが良いかどうなのかもキーポイントになります。越後姫は芳香の強いイチゴだから、熟していればイチゴ元来の芳しさが漂うのです。

越後姫の甘みと豊富な香りを満喫するには、生のまま味わうのがベストです。流水で洗浄してからへたを取って、ジューシーな果実を全てそのまんま満喫したいものです。
無論ケーキやタルトのトッピングや、スムージー等に加工してもOKです。果皮が華麗な色をしているので、いちごを用いた春の季節のスイーツにしてももってこいです。

越後姫【まさに越後のお姫様!】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

桃薫(とうくん)

「桃薫」は、(独)食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所と北海道農業研究センターが共同して育生した品種で、「カレンベリー」と野生種を交配して獲得できた光沢が備わっている系統に、「とよのか」に、桃と似た香しさの野生種を交配して誕生した、香りの理想的な「久留米IH1号」を交配し、誕生した物から選抜育成を実施したと言われています。2009年に登録出願され、2011年に品種登録された新品種になります。
淡い桃を髣髴とさせる色合いと、華麗な桃やココナッツの芳香が強くて、知られているいちごとは明確に異なる品種であると言えます。
桃薫(とうくん)と称されるネーミングは、『桃のような甘く芳醇な香りが隅々まで漂う(薫る)様子をイメージし、各地に広く普及していくことを願って命名された』というわけです。

桃薫の果実の大きさは心持ち大型となっていて、形は縦横比が同等の円錐形です。表皮の色は完熟してみても予想以上に淡い桃白で、真っ赤ないちごのイメージとは言えません。
種のようなもの(そう果)のへこみが良く知られているイチゴに比べ大分深く、イチゴの表面が凸凹している印象があります。
そして何と言ってもの特徴と言われる香りでございますが、『桃やココナツ、カラメルのような香り成分が多く含まれている』と言われている様に実際のところこのイチゴより立ち上る鮮麗で芳醇な芳香は普通のイチゴのテイストとは全くと言っていいほど違いがあります。
桃薫の果肉は果皮近くより真にに及ぶまで白一色で、柔らかくジューシーです。味的にはとびっきり甘いと言われる程ではないと言えますが、軟らかい酸味と、それを包みこむ程に潤沢な甘さを感じ取れます。

桃薫【普通の苺の概念から一線を画す桃薫】

※入荷時期によって、産地が変わりパッケージのデザインが変わる場合があります。

さぁ今の時期ならではの、様々ないちごの数々を一度に比較しながら食すというこの夢のような贅沢な機会、ぜひお楽しみくださいませ!

トップへ戻る
商品一覧
商品一覧

ランキング

マネージャーご挨拶

果実園オンラインショップのマネージャーの伊藤桃子です。
今一番食べてほしい旬なフルーツ情報を皆様にお伝えさせていただきます!
オンラインショップのオープンからまだ時間があまり経っていないため、まだまだ商品数が少ないですが、徐々に増やしていきますので、皆様よろしくお願いいたします。

  • マイアカウント
  • 会員登録
  • ログイン